相続登記(名義変更) | 西宮市の中本司法書士事務所

相続登記(名義変更)

Service

小さな不動産、数年前の相続登記でもご相談ください。

不動産の名義人が死亡した場合、名義変更の手続きを行います。これを相続登記といいます。法務局に申請しますが、専門的な知識も必要です。

まずは、何もわからないままお越しくだされば結構です。
できるだけ難しい言葉を使わずに、司法書士が丁寧にご説明します。

来所の回数 1~2回程度
完了までの期間 1~2か月程度

1.相続登記の取り扱い事例

このようなケースもお任せください。

  • 亡くなってから相当放置してしまった
  • 遠方の相続人がいる
  • 不動産が遠方にある
  • 相続した家を売りたい
  • 「父→母」と順に亡くなった
  • 相続税も気になる(税理士をご紹介)
  • 田舎の土地がたくさんある
  • 遺言を発見した

2.よくあるご質問

書類はすべて集めてもらえますか?

印鑑証明書以外はすべて、こちらで集めることもできます。
遠方の戸籍もお引き受けします。

不動産が遠方ですが、お願いできますか?

全く問題ありませんので、お気軽にご依頼ください。現地に行かずに手続き可能です。

戸籍一式や印鑑証明書は、完了後に返してもらえますか?

すべてお返しします。

必要書類に期限はありますか?

原則、期限はありません。ただし、相続人の戸籍は死亡後に取得されたものが必要です。

3.相続登記の必要書類

初回持ち物

以下をお持ちいただければ、詳しい見積もりが可能です。(揃えられる範囲で結構です。)

1. 固定資産税の納税通知書 毎年5月頃に届くもの。
2. 権利証 コピーでも可。
3. 認印
4. 身分証明書 運転免許証や
保険証など。
5. 取得済みの戸籍など お持ちの方のみ。

登記に必要な書類

事案によって必要書類は若干異なりますが、手配はお任せいただけます。(印鑑証明書を除く)
あらかじめ把握しておきたい方は、以下をご覧ください。

4.費用

司法書士の料金

ご自宅など、一般的な相続登記の目安は6~7万円程度です。(相続人が1人だけの場合はもう少し下がります。)

報酬(税込)
相続人が1人の方
遺言がある方
49,500円
相続人が2人以上の方 66,000円
遺産分割協議書の作成を含む)

出生から死亡までの「戸籍、除籍、改製原戸籍」の取得も依頼される方

上記に10,000円加算となります。

登録免許税

登記の税金です。
不動産の固定資産税評価額の4/1000です。 (例:評価額が1000万円なら4万円)
司法書士がお預かりして、法務局へ納めます。

その他実費

戸籍の手数料や郵送料等の実費(実際にかかった費用)が必要です。

5.ご相談の流れ

  1. 01. お問い合わせ

    まずは電話またはメールでお問い合わせください。
    電話では、「ホームページを見ました」とお伝えいただけるとスムーズです。面談をご希望であれば、日時を調整します。ご不明な点がありましたら、遠慮なくお尋ねください。

  2. 02. 面談

    事務所には、相続人のうちお一人がお越しいただければ結構です。
    すぐに見積もりをしますので、納得されればご依頼ください。持ち帰り、後日返答されても構いません。
    ご依頼いただけることになれば、必要書類をご案内します。

  3. 03. 必要書類の収集

    印鑑証明書以外の書類は、すべてこちらで集めることができます
    費用を抑えるためにご自身で取得される場合は、手配をお願いします。

  4. 04. 遺産分割協議書のお渡し→署名捺印

    必要書類が揃えば、遺産分割協議書を作成してお渡しします。
    相続人全員で署名捺印をしてください。
    全員で集まっていただいてもよいですし、郵送で順番に回していただいても構いません。

  5. 05. 相続登記の申請→完了

    司法書士が法務局へ申請します。
    1週間ほどで完了します。

    完了後の受け取りも司法書士が行います。
    依頼者の方が法務局に行く必要はありません。

  6. 06. ご返却・業務終了

    登記簿で、間違いなく登記されていることを確認します。
    登記識別情報通知(昔の権利証に相当するもの)や戸籍一式などをお返しして、業務終了となります。