預金・株式の相続手続き

Service

金融機関ごとに異なる、面倒な手続きもお任せください。

中本司法書士事務所では、相続登記に限らず、預貯金や株式の相続手続きも扱っております。

金融機関によって手順や記入用紙が異なります。これが面倒な原因です。以下のような方は、ぜひご相談ください。

  • 平日に休めないので、窓口とのやり取りをしてほしい。
  • 署名欄以外は記入してほしい。
  • 遺産分割協議書を作ってほしい。
  • 必要書類を集めてほしい。
  • 通帳やキャッシュカード、銀行印が見当たらない。

1.預金・株式の相続手続きの取り扱い事例

今までに取り扱ったことのある金融機関の一覧です。
掲載していない金融機関も取り扱いできますので、お気軽にご相談ください。

預貯金・出資金

ゆうちょ銀行

代表相続人のゆうちょ口座へ入金、または窓口での現金受け取りになります。 他より少し手間がかかります。

都市銀行・信託銀行

みずほ銀行
三菱UFJ銀行
三井住友銀行・三井住友信託銀行
りそな銀行

地方銀行

池田泉州銀行
みなと銀行
関西アーバン銀行
北國銀行

その他銀行

新生銀行
あおぞら銀行

JA(農業協同組合)

JA兵庫六甲
JA丹波ささやま
JAさが

信用金庫

尼崎信用金庫
大阪商工信用金庫
中兵庫信用金庫

株式・投資信託(MRF)・債券

証券会社

SMBC日興証券
野村證券
岩井コスモ証券

2.お任せいただける内容

できるだけ自分でやってみて費用を抑えたい方、費用はかかってもいいのでできるだけ任せたい方、それぞれのニーズに対応します。

基本内容

  • 金融機関の窓口とのやり取り(必要書類の受け取り、提出)
  • 署名欄以外の記入
  • 遺産分割協議書の作成(預貯金の分配について記載)

追加料金で対応

必要書類の収集(印鑑証明書を除く)
各相続人との書類のやり取り(司法書士から各相続人に郵送)

対応できないこと

他の相続人との交渉、説得。(弁護士業務です。)

3.預金・株式の相続手続きの必要書類

初回持ち物

以下をお持ちくだされば、詳しく見積もりできます。(揃えられる範囲で結構です。)
その他戸籍など使えそうな書類をお持ちでしたら、あわせてお持ちください。

1. 通帳 預金の手続きを依頼される場合。亡くなった方のもの。
2. 株式、投資信託等の残高証明書 株式(証券会社)の手続きを依頼される場合。亡くなった方のもの。
3. 認印
4. 身分証明書 運転免許証、保険証、マイナンバーカードなど。

面談後に集めていただく書類

事案によって異なるため、初回にご案内します。
印鑑証明書以外は、こちらで集めることもできます。

4.費用

「残高の〇%」ではなく、「1金融機関あたりいくら」という計算です。

司法書士の料金

金融機関1か所につき、3万円です。 追加費用がかかるのは、次のようなケースです。

  • ゆうちょ銀行の手続き(煩雑なため)
  • 払戻しでなく、名義変更する
  • 残高証明書を取得する(相続税申告に必要)
  • 預金以外のものがある(出資金など)
  • 近くに金融機関の支店がない(地方銀行など)

5.ご相談の流れ

完了までは、通常1~2か月です。相続登記とあわせてご依頼の場合、3か月程度になります。

  1. 01.お問い合わせ

  2. 02. 面談

  3. 03. 必要書類の収集

  4. 04. 署名押印

  5. 05. 金融機関への提出

  6. 06. 入金・名義変更

  1. 01. お問い合わせ

    まずは電話またはメールでお問い合わせください。
    電話では、「ホームページを見ました」とお伝えいただけるとスムーズです。面談をご希望であれば、日時を調整します。ご不明な点がありましたら、遠慮なくお尋ねください。

  2. 02. 面談

    事務所には、相続人のうちお一人がお越しくだされば結構です。

    すぐに見積もりをしますので、納得されればご依頼ください。持ち帰り、後日返答されても構いません。
    ご依頼いただければ、必要書類をご案内します。

  3. 03. 必要書類の収集

    書類を集めていただきます。
    必要に応じて、司法書士にお任せください。

    戸籍が集まれば、司法書士が金融機関に提出し、相続届を入手します。

  4. 04. 署名押印

    遺産分割協議書を作成し、金融機関から受け取った相続届と一緒にお渡ししますので、相続人全員で署名・押印をお願いします。

    相続届への署名は、その預金を相続する人だけでよいことも多いです。どなたの署名が必要かは、司法書士がご案内します。

  5. 05. 金融機関への提出

    司法書士が金融機関の窓口へ、相続届や遺産分割協議書を提出します。

    原則として、相続人の方が窓口へ行っていただく必要はありません。

  6. 06. 入金・名義変更

    解約された預金は、相続人の方の口座へ直接入金されます。(金融機関によって、代表者へ全額入金される場合と、指定した割合で各相続人に直接入金できる場合があります。) 定期預金を名義変更した場合は、新しい通帳が送られてきます。

    株式の場合は、相続人の証券口座へ株式が移ります。その後、保有し続けるか売却するかは、相続人の自由です。