判断能力が不十分な方をサポートする制度です。

お年寄り成年後見とは、認知症や障害で判断能力が不十分な方の財産管理・身上監護を行う制度です。
通常、本人が亡くなるまでサポートを続けます。

成年後見人になるために、資格は必要ありません。
親族がなることもできますし、司法書士や弁護士などの専門家が選ばれることも多いです。
成年後見人に適しているかは家庭裁判所が判断します。
親族が後見人になることを希望していても、専門家が選ばれることもあります。

成年後見には、一般的に誤解されていることや知られていないことも多くあります。
司法書士が、申立書の作成をお引き受けいたします。制度についてもご説明します。

1.こんな時に成年後見人を選びます

様々なケースがありますが、何かの必要にせまられてということが多いようです。
新たな施設に入所するときに、施設から成年後見人をつけるように求められることがあります。
また、病院へ入院するときの契約でも必要なことがあります。

相続手続きで成年後見人が必要なことがあります。
遺産分割をするときや、相続放棄をするときです。
認知症の相続人がいれば、成年後見人が遺産分割協議に参加します。
(なお、成年後見人が本人の代わりに遺言を書くことはできません)

注意しなければならないのは、相続手続きが終わっても、成年後見は終わらないということです。
必要なことが終わったから、後見も終了というわけにはいきません。

2.費用は原則、申立人の負担です

成年後見の申立てに必要な費用は、原則として申立人が負担します。
ただし実費は、事情により本人に負担させることもできます。

司法書士への申立書作成報酬は上記に含まれませんので、申立人の負担です。
就任後の成年後見人への定期的な報酬は、本人の財産から支出します。

3.ご相談の流れ

申立書作成までの期間は、1か月程度です。
申立てから成年後見が選ばれるまでは、事例によりますが3か月ほどかかります。

  1. 01. お問い合わせ

    まずは電話、お問い合わせフォームなどでお問い合わせ下さい。電話では、「ホームページを見て電話しました」とお伝えいただけるとスムーズです。

    面談をご希望の場合は、大まかな内容をお聞きし、日時の調整を行います。費用などご不明な点がございましたら、遠慮なくご質問ください。

    0798-31-1860

    メールでのお問い合わせ

    • 駅から徒歩2分
    • 土曜(第1、3)も営業
    • 安心の事前見積
  2. 02. 面談

    何のために成年後見の申立てを行うのか、誰を後見人として考えているか、などをお聞かせいただきます。

    また、成年後見制度のポイントや成年後見人の仕事内容、手続きの流れをご説明します。

  3. 03. ご本人との面談

    ご本人とお会いし、判断能力や健康状態を確認します。

  4. 04. 診断書の手配

    申立てでは、家庭裁判所に医師の診断書を提出しなければなりません。

    診断書を書いてくださる医師を探し、協力を依頼します。
    診断書は、後見・保佐・補助のどれにあたるかの目安になります。

  5. 05. 申立書の作成

    申立に必要な書類を集めます。

    財産目録や収支目録を提出しますので、司法書士が作成します。

  6. 06. 申立て・家庭裁判所での調査

    家庭裁判所に申立書を提出します。
    提出先は、後見を受ける人の住所地で決まります。
    西宮市・芦屋市の方は尼崎の家庭裁判所、宝塚市の方は伊丹の家庭裁判所です。

    審査にある程度時間がかかります。
    鑑定が必要だと家庭裁判所が判断すれば、鑑定が行われます。

  7. 07. 審判・確定

    審判がされると、申立人・本人・後見人へ審判書謄本が送られます。
    その後2週間で、審判が確定します。
    選ばれた成年後見人が気に入らないという理由での、不服申立てはできません。