預金・株の相続サポート

司法書士・行政書士が預貯金や株式の相続手続きをサポートいたします。

預貯金や株式の相続手続きは、金融機関により少しずつ異なります。死亡届の提出、所定の相続用紙の記載、必要書類の提出など面倒な手続きを代行、サポート致します。
(一度は各金融機関へ行っていただく場合があります)

・必要書類の収集
・遺産分割協議書の作成
預貯金の相続手続きサポート
・株式、投資信託の相続手続きサポート

遺産整理

司法書士が中立な立場で、遺産分割のサポートから遺産を各相続人に承継するまで一括でお手伝いいたします。
相続手続きは財産によって手順や必要書類が異なります。また専門知識も必要です。司法書士がそんな面倒な遺産相続手続きを総合的にサポートいたします。
具体的には下記をお任せいただけます。

財産目録の作成
・相続人の調査(戸籍、除籍等の収集)
・遺産分割協議書、相続関係説明図の作成
不動産の名義変更(相続登記)
・預貯金の相続手続き(分配まで)
・株式、投資信託の相続手続き

原則として、相続人全員からご依頼をいただきます。
相続人間で争いがあるときは、受任できませんのでご了承ください。

1.遺産整理とは

遺産整理は単なる書類作成、相続手続きのサポートとは性質が異なります。

公正中立な立場で業務を行います
相続手続きを専門家に依頼しない場合、相続人のうち誰かが代表相続人となって手続きをすることが多いでしょう。しかし、相続というものは相続人全員の間に利害関係があるものです。
公正中立の司法書士が間に入ることで、相続人全員に安心を提供します。
また、財産目録の調整や遺産分割協議書の作成を専門家が行うことで、よりクリアな手続きを実現します。

遺産の分配までお手伝いします
書類の作成だけでなく、預金などの財産の分配までが業務範囲です。

信託銀行は「108万円~」が多数、当事務所は「25万円~」
信託銀行とほぼ同内容のサービスを安価でご提供いたします。
また信託銀行では通常、相続登記の司法書士報酬は別費用となるようです。
(当事務所の料金は、相続登記の司法書士報酬を含みます)

2.遺産整理の費用

遺産の内容は各ご家庭で全く異なりますが、料金は遺産額を基準に設定しています。
なお、不動産がある場合は固定資産評価額を基に計算します。(路線価ではありません)

これ以外にも、不動産の売却等を含む場合には費用が増加します。
必ず見積書を交付しますので、ご安心ください。
また相続税についての処理が必要な場合は税理士をご紹介しますが、税理士の報酬は別途かかります。

3.遺産整理の必要書類

初回面談時には、下記の2つをお持ちください。
特に遺産が分かる資料は、それぞれの方で全く異なります。
面談時に何をそろえていただければ良いかお伝えしますので、それから集めていただければ構いません。

初回持ち物

1. 遺産が分かる資料 何もなくても構いません。可能な範囲でお持ちください。
2. 身分証明書 免許証や保険証など。

4.ご相談の流れ

業務終了までの期間は、遺産の種類や量によって異なります。

  1. 01. お問い合わせ

    まずは電話、お問い合わせフォームなどでお問い合わせ下さい。電話では、「ホームページを見て電話しました」とお伝えいただけるとスムーズです。

    面談をご希望の場合は、大まかな内容をお聞きし、面談日時の調整を行います。費用などご不明な点がございましたら、遠慮なくご質問ください。

    0798-31-1860

    メールでのお問い合わせ

    • 駅から徒歩2分
    • 土曜(第1、3)も営業
    • 安心の事前見積
  2. 02. 面談

    面談時には、相続人のうちお一人がお越しいただければ結構です。

    遺産の概要をお聞きし、その場で見積書を作成します。ご納得いただけましたら、ご依頼ください。正式依頼は保留し、後日返答されても構いません。
    また、業務完了までの流れをご説明します。面談時間は遺産の内容によって異なります。

  3. 03. 相続人の調査

    まずは相続人を確定させるために、戸籍・除籍・改製原戸籍を集めます。

    通常、亡くなった方の出生から死亡までの一連の戸籍が必要です。子がおらず兄弟姉妹が相続人となる場合は、更に広い範囲の戸籍を集めます。

  4. 04. 遺産整理の契約

    相続人が確定しましたら、相続人全員と司法書士の間で遺産整理の契約を結びます。

    原則として相続人全員と契約しますので、一部相続人が反対しているなどの場合は受任できません。
    ご了承ください。

  5. 05. 財産目録の調整

    聞き取りを基に遺産を調査します。
    その調査結果を財産目録にまとめます。

    財産には不動産、現金、預貯金、株式などが含まれます。

  6. 06. 遺産分割協議、配分案の作成

    相続人全員の合意により、誰が何を相続するか(遺産分割協議)を行っていただきます。
    遺産分割には、現物分割、換価分割、代償分割、共有分割などの方法があります。
    (必要に応じて説明、サポートいたします。ただし特定の相続人の代理人となり交渉するといったことは行えません)

    遺産分割がまとまりましたら、遺産分割協議書に署名押印していただきます。

  7. 07. 遺産の配分(名義変更、払戻し)

    遺産分割協議の結果に基づき、遺産を配分いたします。
    不動産は相続登記による名義変更、預貯金は解約・名義変更等を行います。

    なお遺産承継業務は法律上定められた司法書士業務ですが、金融機関によっては司法書士のみの対応に応じていただけない場合が想定されます。
    その場合は同行をお願いする場合もありますが、サポートしますのでご協力お願いいたします。