「借金が多い・相続から外れたい」なら相続放棄を。

相続では、プラスとマイナスの財産を全て引き継ぎます。
借金が遺産より多ければ、相続人は困ってしまいます。
付き合いのない親戚の相続人になったときに、相続から外れたいこともあるでしょう。

このようなときに、3か月以内に相続放棄をすると、相続人でなかったことになります。
手続きは、必ず家庭裁判所にしなければなりません。
西宮市・宝塚市の近くで司法書士をお探しなら、中本司法書士事務所をご検討ください。

1.単に「相続しない」ことではありません

「弟と母は相続放棄をするから、私が相続します」といった会話がされることがあります。
ここでいう相続放棄とは、単に「相続しない」という意味で使っていると思います。

借金はなく、他の相続人は遺産をいらないと言っている。
この場合に、家庭裁判所で相続放棄をする必要はありません。

誰かが相続しないのであれば、遺産分割協議書でそのように決めればよいだけです。
相続しない相続人が、遺産分割協議書に実印を押せば、不動産・預金の名義も変えることができます。

家庭裁判所で相続放棄をしても、不都合があるわけではありませんが、費用と時間がかかります。
もっとも、借金があるかどうか分からないときには安全のため相続放棄をするのもよいでしょう。
(配偶者と子だけが相続人のときに、全ての子が相続放棄をすると親・兄弟が相続人になってしまうという大問題はあります)

2.子が相続放棄をすれば、兄弟にも必要なことがあります

相続放棄をすると、はじめから相続人ではなかったことになります。
例えば相続人が子2人で共に相続放棄をすると、子がいなかったことになります。
すると、亡くなった方の親に、親が亡くなっていれば兄弟へ相続権が移ります。
(相続放棄では代襲相続はおきません。つまり、孫にはいきません)

もし借金が多くて子が相続放棄をしたのであれば、その借金は兄弟へ移ります。
子が相続放棄をしたのであれば、兄弟も相続放棄をした方がよいことが多いと思います。

このように、相続放棄は一度に多くの方が行うケースがあります。
そのときは、2人目以降の費用は1人目の半額としています。

3.相続放棄の期限は、原則3か月

相続放棄は「自己のために相続の開始があったことを知った日から3か月以内」にしなければなりません。
この期間を過ぎると、無条件で相続を承認したものとみなされます。

「自己のために相続の開始があったことを知った」とは、自分が相続人だと知ったということです。
ほかの人が相続放棄をして自分が相続人になったことを知らなかったり、亡くなったこと自体を知らないときは、3か月の期間は始まっていないといえるでしょう。

遺産調査に時間がかかるといった事情があれば、3か月の期間を延長してもらう事もできます。
また、相続財産を一部でも売却、贈与、消費したなら単純承認をしたとみなされます。
そうなれば、相続放棄はできません。

3.ご相談の流れ

  1. 01. お問い合わせ

    まずは電話、お問い合わせフォームなどでお問い合わせ下さい。電話では、「ホームページを見て電話しました」とお伝えいただけるとスムーズです。

    面談をご希望の場合は、大まかな内容をお聞きし、日時の調整を行います。費用などご不明な点がございましたら、遠慮なくご質問ください。

    0798-31-1860

    メールでのお問い合わせ

    • 駅から徒歩2分
    • 土曜(第1、3)も営業
    • 安心の事前見積
  2. 02. 面談

    できる範囲で遺産・債務(借金)の資料をお持ちください。「相続分の放棄」と勘違いしているなど、相続放棄をしなくてよいこともありますので、その場合はお伝えします。
    また、相続放棄をするときの注意点などをご説明します。

  3. 03. 必要書類の収集、申立書の作成

    相続放棄に必要な戸籍謄本などを集めていただきます。
    ご希望であれば、こちらで集めることもできます。
    集めた書類をもとに、司法書士が申立書を作成します。

  4. 04. 申立書を家庭裁判所へ提出

    相続放棄を家庭裁判所に申立てします。
    申立先は、亡くなった方の最後の住所地で決まります。
    西宮市・芦屋市なら尼崎の家庭裁判所、宝塚市なら伊丹の家庭裁判所です。

  5. 05. 家庭裁判所からの照会

    相続放棄をすると、家庭裁判所から相続放棄についてのお尋ねが届きます。
    これに答えて、家庭裁判所へ送り返してください。

  6. 06. 相続放棄の受理、受理証明書の取得

    家庭裁判所が相続放棄を認めれば、申立てが受理されます。

    請求してきた債権者に相続放棄したことを伝えるため、受理証明書を取得しておきます。

  7. 07. 必要に応じ、次順位の相続人が相続放棄

    例えば子が全て相続放棄をすると、親または兄弟に相続権が移ります。
    必要であれば、その方も相続放棄をしなければなりません。