「相続・遺言」に関するもの

相続登記

  • 不動産の所有者が亡くなった。
  • 亡くなった人の名義のまま放置していたが、このたび名義変更したい。

不動産の所有者が亡くなったときの名義変更です。
法務局への申請はもちろん、遺産分割協議書の作成や戸籍の取集もお任せください。

預金・株式の相続手続き

  • 預貯金の解約や名義変更をしてほしい。
  • 株式の相続手続きをしてほしい。

金融機関や証券会社への相続手続きをサポートします。
書類の準備や窓口でのやり取りを行います。

遺言の作成

  • 後でもめないように遺言を書いておきたい。
  • 公証役場とのやり取りもしてほしい。

公正証書遺言、自筆証書遺言(手書き)の作成をサポートします。
公正証書のときは、公証人とのやり取りもこちらで行います。

遺言の開封(検認)

  • 手書きの遺言を見つけた。
  • 家庭裁判所での開封方法について知りたい。

自筆証書遺言を見つけたら、家庭裁判所で検認をしなければなりません。
そのときに提出する申立書の作成や、必要書類の収集をお手伝いします。

「不動産の登記」に関するもの

相続登記はこちらをご覧ください

生前贈与

  • 生前に不動産の名義を変えたい。
  • 贈与税については、税理士を紹介してほしい。

生きているうちに不動産を贈与するときの名義変更です。
税金(贈与税・不動産取得税・登録免許税)について、しっかり考えなければなりません。

不動産の購入

  • 家を買うので、登記をしたい。
  • 仲介会社を通さず売買するので、登記をお願いしたい。

不動産を購入したときの名義変更です。中古住宅を購入した方が主な対象です。
住宅ローンを利用する方には、抵当権設定も行ないます。

抵当権抹消

  • 住宅ローンを完済し、銀行から書類が送られたきた。
  • 書類が送られて3か月過ぎたが、手続きしてほしい。

住宅ローンを完済したときに、担保(抵当権)を消す登記です。
金融機関から受けとった書類一式をお持ちください。あとは司法書士にお任せください。

住所・氏名の変更

  • 住所が変わったので、変更登記をしたい。
  • 結婚して名字が変わったので、変更登記をしたい。

この登記だけをすることは、ほとんどありません。
ほかの不動産登記をするにあたり、前提として必要なことが多いです。
必要かどうかのアドバイスも含めて、お任せください。

遺贈

  • 遺言で「遺贈する」と書かれていたので、名義を変えたい。

遺言で贈与することを、遺贈といいます。
遺言に、相続人以外の方へ不動産を渡すという内容があれば、遺贈の登記をします。

その他

  • 離婚による財産分与で不動産を受け取ったので、名義変更したい。
  • 融資を受けたので、抵当権設定をしたい。

離婚による財産分与、住宅ローンの借り換え、日本政策金融公庫から融資を受けたときにする抵当権設定なども扱っています。

「会社の登記」に関するもの

株式会社の設立

株式会社の設立に必要な登記申請、定款作成、公証役場での定款認証を行います。
電子定款の作成に対応していますので、定款の印紙代はかかりません。

合同会社の設立

株式会社に比べ、設立にかかる費用が安いことが特徴です。定款認証も不要です。
株式会社と同じく、電子定款を作成しますので印紙代はかかりません。

本店移転など、その他会社の登記

会社のさまざまな変更登記です。役員変更、本店移転、資本金の増加、解散などがあります。

「家庭裁判所の手続き」に関するもの

成年後見の申し立て

  • 親が認知症なので、成年後見制度の利用を考えている。

認知症などで判断能力が衰えてしまった方のために、成年後見人を選ぶ手続きです。
家庭裁判所に提出する申立書や付属書類を作成します。

その他

  • 遺産がマイナスなので、相続放棄をしたい。
  • 相続人に未成年者がいるが、遺産分割がしたい。

上のほか、遺産の合計がマイナスのときなどにする相続放棄、相続で未成年の相続人がいるときに必要な特別代理人選任に必要な申立書作成なども行います。

「債務整理(借金相談)」に関するもの

大変恐縮ですが、以下については現在新規の受任をしていません。

債務整理(任意整理・個人再生・自己破産)

借金を整理して、今後の返済を減らしたり、免責される手続きです。
裁判所を利用する手続きと利用しない手続きがあります。

過払い金請求

法律を超えて借金を返していたときに、払いすぎた利息を取り戻す手続きです。