相談料について

私の事務所では、相談料について次のように決めています。

相談料が不要

  • ご依頼いただいたとき(料金には相談料が含まれています)
  • 初回面談・見積もりをして、依頼しなかったとき

相談料が必要

  • 2回以上の面談後、ご依頼いただかなかったとき
  • 依頼後、相当に準備を進めてからキャンセルされたとき

登録免許税について

登録免許税とは、登記をするときにかかる税金です。
(司法書士の見積書の右半分に書かれています。)

税率

税率は登記の種類によって異なります。
例えば、相続登記なら不動産の評価額の4/1000です。
不動産の評価額は、固定資産税納税通知書に書いてあります。

誰が負担するのか

法律では、「登記等を受ける者が2人以上あるときは、これらの者は、連帯して登録免許税を納付する」となっています。
そのため、登記に関係する人ならどなたが払っても構いません。

しかし現実には、ある程度のきまりがあります。
不動産を購入するときの登録免許税は、通常買主が払います。
贈与では受贈者(もらう方)が負担することが多いようです。(あげる方が負担しても構いません)

納付の方法

法務局に申請するときに、司法書士が代理で納めます。
そのため、原則として申請前に料金との合計をお預かりいたします。

実費について

実費とは「実際に必要だった費用」です。
司法書士に必要書類の取得をお願いされたときは、これらの費用もお支払いいただきます。

各種証明書の費用

戸籍謄本は450円、除籍謄本・改製原戸籍は750円です。
住民票は300円の市町村が多いです。

登記簿、登記情報の費用

受任するときには、登記情報で最新の不動産の権利情報を確認します。
1つの不動産につき335円かかります。

完了後の登記簿は、1つの不動産につき500円です。
(オンラインで請求し、郵送で受け取ったときの料金です。)