誰が相続人になるのでしょうか

相続が起きた時、誰が相続人となるのでしょうか。
被相続人の妻又は夫のことを配偶者相続人と呼び、必ず相続人になります。

配偶者以外で相続人になるのは、子や孫などの直系卑属、父母などの直系尊属、兄弟姉妹です。
これらの者には3つの優先順位があり、先順位がいない、または全員が相続放棄をして相続人がいないものとされた場合に、はじめて次順位の人が相続人となります。

第一順位:子(またはその代襲相続人)

第一順位の相続人は子です。
よって、配偶者と子が相続するケースが最も多いです。
子が相続時点で既に死亡している場合には孫が、孫も死亡している時は曾孫が代わりに相続人となります。
(これを代襲相続といいます)

第二順位:直系尊属

第一順位の相続人がいなければ、父母などの直系尊属が相続人になります。
まず父母、父母がいなければ祖父母、次に曽祖父母というように順にさかのぼります。

第三順位:兄弟姉妹(またはその代襲相続人)

上の二つの順位の者がいない時に初めて、第三順位の兄弟姉妹が相続人となることができます。
兄弟姉妹が既に死亡していれば、甥、姪が代襲相続人として相続します。

相続人となる人、ならない人

相続人になるのは、あくまで法律上の身分関係がある者だけです。
以下に具体例を挙げます。

事実婚

内縁の妻や夫は、婚姻届を提出していない以上法律上の関係は生じていません。
入籍していない夫婦の間では相続関係は発生しません。

事実上離婚

上と逆の状態です。
長期にわたって別居状態にあるとか、離婚協議中であるなどといった場合でも、正式に離婚届を提出していない限り相続権が発生します。

嫡出子(婚姻した夫婦の子)、非嫡出子(婚姻していない男女の子)

共に相続人になります。
ただし、母親と非嫡出子は出生により親子関係が生じますが、父親と非嫡出子の間では、父親が認知して初めて親子関係が生じます。
よって、認知された非嫡出子だけが父親の相続人となることができます。
また嫡出子と非嫡出子には相続分に違いがあります。

養子

養子は嫡出子と同じ扱いになるので、相続人となります。
また、養子になっても実父母との親子関係は継続していますので、実親の相続人ともなります。
すなわち、実父母と養父母の両方の相続人になります。
ただし特別養子は実父母との関係が切断されますから、養父母のみの相続人になります。

胎児

胎児は、相続に関してはすでに生まれたものとみなされるので、相続権が発生します。
ただし、死産の場合は相続人になりません。

離婚後の関係

離婚した元配偶者は、既に法律上の関係が切断されているため、相続人にはなりません。
しかし、子は離婚した後でも被相続人との親子関係は続いていますので、親権者がどちらであるかに関わらず、嫡出子であり相続人となります。

再婚した配偶者との関係

法律上の婚姻関係があるのですから、相続人になります。
しかし連れ子は、養子縁組をしない限り法律上の親子関係は生じませんので、相続人ではありません。