相続登記の費用について

相続登記は事案によって、難しさや手間が大きく異なります。
以下のようなときは、追加費用がかかります。

追加費用の具体例

・相続人が兄弟や甥姪 +20,000円
・不動産が高額 評価額1,000万円以上のとき、1,000万ごとに+3,000円
・不動産が2か所(複数の法務局へ申請) +20,000円
・2回以上の相続が関係(数次相続、代襲相続) +15,000円
・遺産分割協議書に特殊な文言を入れる
(不動産以外の遺産も記載、代償分割や換価分割などの分割方法) +5,000円~
上申書が必要 +5,000円
・敷地権化されていないマンション +5,000円
・私道持分がある +10,000円
・不動産が3個以上 1個につき+1,000円

遺産分割協議書の費用に注意

法定相続分で共有にするなら、遺産分割協議書は不要です。

実際には遺産分割協議を行い、誰かの単独名義にすることが多いです。
そのときは、法務局に遺産分割協議書を提出しなければなりません。
費用を調べるときは、遺産分割協議書を含めた総額を確認することがおすすめです。


(遺産分割協議書をご自身で作成されるのはやや困難です。特に不動産の表示、数次相続や換価分割の書き方など、正確に作らなければ法務局で審査に通りません)

戸籍取得も依頼される方は約半数

亡くなった方の戸籍は、出生から死亡までが必要です。
特に兄弟姉妹が相続人となる方は、ご自身で戸籍を揃えるのはかなり大変です。
戸籍収集も依頼する方は、含めた料金をご確認ください。

相続人が子であれば、亡くなった方の戸籍は4~6通程度のことが多いです。
ご自身で取得される場合は、本籍のある役所へご請求ください。
郵送でも請求できます。詳しくは請求先の役所のホームページをご確認ください。

まずはご自身で集めてみて、不足分だけこちらで集めることもできます。
柔軟に対応いたしますので、お気軽にご相談ください。