原本還付をすれば、相続登記の書類が戻ってきます。

相続登記では、亡くなった方の出生から死亡までの戸籍をはじめ、さまざまな書類を提出します。
これらの書類は他の相続手続きでも必要なことが多く、原本を何度も取るのは大変です。
たくさん同じものを取れば、費用がかかってしまいます。

相続登記を申請するときに、原本還付の手続きをすれば、完了時に書類を返してもらうことができます。
逆に申請時に原本還付の手続きを忘れてしまうと、書類は返してもらえません。
申請するときにはこの手続きを忘れないようにしましょう。

中本司法書士事務所に相続登記をご依頼いただくと、必ず原本還付の手続きをします。
(通常は司法書士に依頼すると、相続関係説明図の作成も含んでいると思います。
別料金のこともありますので、依頼する時に確認してください)

原本を返してもらう方法

戸籍・除籍・改製原戸籍の原本還付をするには、相続関係説明図を提出します。
それ以外の書類は、コピーに「原本に相違ない(名前・印鑑)」と書いて提出します。

相続関係説明図とは

相続登記を申請するときに、亡くなった方と相続人の関係図を提出すると、戸籍を返してもらえます。
必ず提出しなければならない書類ではありませんが、当事務所では必ず作っています。

記載する内容

相続関係説明図は相続登記の添付書類なので、登記に必要な事項を記入します。
これを提出すれば戸籍一式が返却されるので、戸籍一式の内容を記入します。
記載事項が法律で決まっているわけではないので、以下は一例です。

まずは、亡くなった方の最後の住所を記入します。
最後の住所と登記簿上の住所が違うときは、登記簿上の住所も記載します。

あとは家系図と同じように、関係が分かるように図で書きます。
相続人の氏名、生年月日も書いておけばよいでしょう。

亡くなった方は、戸籍を見て死亡日を記載します。
不動産を相続する人には(相続)と書きます。
逆に遺産分割によって相続しないことになった人には(分割)と書きます。

相続関係図を作成することで、相続関係が分かりやすくなるというメリットもあります。
相続人の見落としを防ぐことにも役立ちます。