代襲相続とは

遺産は親から子、孫へと直系の子孫に相続されていくのが通常です。
年齢順に亡くなれば、遺産は子を通じて将来は孫のものになります。

しかし、子が親より先に死んでしまった場合、子は相続人になることができません。
その結果、孫が遺産を相続できないことになれば、孫にとって酷な結果になります。

そこで、親より先に子が亡くなって相続できないときは、孫が代わりに相続人になります。
これを代襲相続といい、代わりに相続する人のことを代襲相続人といいます。
なお、相続放棄は代襲の原因にはなりません。

代襲相続があるときは、相続人確定のために、被代襲者の出生から死亡までの戸籍謄本が必要です。

代襲相続の適用は、子と兄弟だけ

代襲相続を受けるのは、子と兄弟だけです。

子の場合、子が死亡しているときは孫、孫も死亡していればひ孫というように、何代でも代襲できます。

しかし兄弟は、代わりにその人の子(甥・姪)が代襲相続できますが、それは一代だけです。
つまり、代襲相続できるのは甥・姪までで、それ以上代襲していくことはありません。

直系尊属と配偶者には代襲相続の適用はありません。
例えば、被相続人より先に亡くなった配偶者の連れ子が、代わり相続することはありません。

養子の代襲について

被相続人の子を代襲できるのは、被相続人の直系卑属でなければなりません。
しかし養子の子は、直系卑属ではないこともあります。

例えば、子持ちの人が養子になった場合です。
このとき、養子の子と養親の間には親族関係が生じません。
養子の子は養親の直系卑属ではないので、代襲相続できません。

逆に、養子縁組をした後に生まれた子は養親の直系卑属にあたるので、代襲相続人になります。
同じように、兄弟の子が代襲相続人になるためには、被相続人との親族関係が必要です。