商号の決め方

商号とは、会社名のことです。
自由に決めることができますが、登記できない文字もありますので注意しなければなりません。
司法書士が問題ないと判断してから、会社の印鑑を作るのが無難です。

使える文字

登記をするときに、商号に使える文字と使えない文字があります。
当然日本の文字は使えますし、ローマ字も使うことができます。

以下の文字は使用できます。
ローマ字、アラビア数字 &(アンパサンド)、'(アポストロフィー)、,(コンマ)、-(ハイフン)、.(ピリオド)、・(中点)

但し、上記は区切りの符号としてのみ使うことができます。
先頭と末尾には使えません。
(例外として、ピリオドはローマ字を用いたときの商号末尾に使うことができます)

使えない文字

よく問題になるのが、スペースです。
スペースが使えるのは、「ローマ字で」複数の単語を表記するときの区切りとしてだけです。
つまり、カタカナをスペースで区切ることはできません。
また、上に書いた以外の記号(!や?、@など)は登記できません。

同一商号・同一住所は不可

同じ住所に同じ商号の会社は作れません。
違う場所であれば、同じ会社名でも登記できます。

ただし、不正目的で他の会社と間違えられるおそれのある商号を使うと、侵害の停止(商号の使用差止め)や損害賠償請求を受ける可能性があります。

「株式会社」を入れる

それぞれの会社の種類を明確にしなければなりません。
合同会社であればその旨を入れます。
商号の先頭でも末尾でも構いません。

ほかにも公序良俗に反する商号や、法律の制限から使用できない商号(銀行などの文言を使うこと)があります。