遺言を撤回したくなったら

遺言を作ったあとに、家族や財産に変化があったり、気が変わったりすることもあるでしょう。
生きているうちは、遺言をいつでも自由に取り消したり変更したりすることができます。

方法は以下のように、いくつかあります。

遺言で撤回する

原則、遺言の撤回は遺言の方式で行います。
改めて遺言を書き、「平成年月日に書いた遺言のうち、○○の部分を撤回する」とします。

矛盾する内容の遺言を書く

複数の遺言があると、最新のものが優先されます。
撤回すると明記しなくても、矛盾する遺言を新たに書けば、結果的に遺言を取り消すことができます。
内容が抵触しない部分は、そのまま有効です。

1通目が株式、2通目が不動産、3通目が預貯金についての遺言であれば、すべて有効です。
しかし、同じ財産の受取人が違う遺言を書けば、後の内容が有効です。

前後の遺言は同じ方式による必要はありません。
例えば、公正証書遺言の一部を自筆証書遺言で取り消すこともできます。

遺言書を破棄する

遺言の取り消したい部分を、読めないように塗りつぶしてしまえば、その部分は無効です。
正しい訂正方法で、二重線で消し、何字削除と付記しても構いません。

遺言書を物理的に破棄しても大丈夫です。
ただし、公正証書遺言であれば注意しなければなりません。
遺言の原本が公証役場に保存されていますので、手元の遺言を捨てても、撤回したことにはなりません。

目的物を処分する

遺贈することにしていた財産を、生前に売却してしまえば、遺言を撤回したとみなされます。
故意に目的物を破壊したときも同じです。