自筆証書遺言は、書き方に注意

自筆証書遺言(手書きの遺言)のメリットは手軽さです。
公正証書遺言のように公証人が関わらないので効力に少し不安はあります。
しかし費用がいらず、何度でも書き直すことができます。

作成するときに最も注意すべきなのは、きちんと法的に有効かどうかです。
せっかく書いた遺言も、無効なら何の意味もありません。
無効だと、相続人が遺産分割をしなければなりません。

自筆証書遺言のポイント

1、全文の自書

自筆という以上、パソコンで印刷したり、代筆してもらったものは認められません。

2、日付の自書

遺言書を書いた日付が、明らかになっていなければなりません。
複数の遺言があれば、後で書かれた方が有効です。その判断のために必要です。
平成年月日を書いてください。(吉日は不可)
これも「自書」が必要なので、スタンプは無効です。

3、氏名の自書

氏名は、戸籍どおりに書けば間違いありません。
ペンネームでも誰か特定できれば有効ですが、トラブルにならないとも限らないので避けましょう。

4、押印

印鑑の種類は特に決められていません
実印・認印、拇印でも構いません。
やはり実印が望ましいでしょう。印鑑証明書をつけておけば万全です。

用紙や筆記具のきまりは特にありません。
しかし、鉛筆だと簡単に書き換えられてしまうおそれがあります。
縦書きでも横書きでも構いません。

訂正方法も厳格に決まっています。
変更したところに押印し、別の場所に○字削除という記載と署名が必要です。
できることなら、最初から書き直した方がよいです。
また夫婦が一緒に一つの遺言を作ったときにも、無効になってしまいます。

遺言書を書いたら、封筒に入れて封印しておきましょう。
封印しなくても有効ですが、書き替えられてしまうことを防ぐためにも封印することが望ましいです。
ここでは遺言書に押した印鑑と同じ印鑑を押します。
間違えて捨てられることのないように、封筒に「遺言書」と書いておきましょう。

トラブルを防ぐことができる遺言が理想です

遺言を家族に見せて、あらかじめ納得してもらうのもよいでしょう。
亡くなった後の相続について、家族で話し合っておければ理想的です。
しかし、亡くなってはじめて家族が遺言を見つけることもあります。

遺言はトラブルを防ぐために書くものです。
遺言が原因でトラブルになったのでは本末転倒です。
上のポイントを守って法律的に有効な遺言にするのはもちろん、誰が見ても明らかな内容にすることが大切です。(読み方によってはこうともとれるな、というのはトラブルの元です)

また、遺留分が侵害されれば遺留分減殺請求ができます。
遺留分を侵害しない遺言が理想です。
相続人間で相続分に差を付けるのであれば、そのような配分にした理由を書いておくと、相続トラブルを防ぐことに役立つかもしれません。

遺言書の保管場所

自筆証書遺言は公正証書遺言と違って、原本を自分で保管しなければなりません。
見つかりやすい場所では偽造されるおそれがありますが、相続人が誰も見つけられないのも困ります。

普段はあまり見ないけど、遺産整理のときには見られるであろう場所が最良です。
例えば、書斎のカギ付きの引き出しや自宅金庫です。
(銀行の貸金庫はやめてください。亡くなると貸金庫が開けれなくなり、遺言が出せなくなります)
信頼できる人に預けておいたり、どこかに保管場所を記しておくことも有効です。