基本は3か月以内

人が亡くなると、葬儀や四十九日などであっという間に3か月が過ぎてしまいます。
3か月が過ぎてから、亡くなった方の債権者が相続人へ支払いを請求してくることもあります。
亡くなってから3か月過ぎていると、相続放棄はできないのでしょうか。

借金を知った事情などにより、例外があります

相続放棄をするには、「自己のために相続開始があったことを知った時から」3か月以内に家庭裁判所で手続きしなければなりません。
3か月以内に相続放棄または限定承認をしなければ、単純承認したとみなされます。
相続人は、亡くなった人の債務をそのまま引き継がなければなりません。

原則として、被相続人が亡くなったこと、それによって自己のために相続が開始したことを知った時が3か月の起算点です。
冒頭の場合は、原則相続放棄はできません。

しかし、亡くなった人に借金があると知らずに放っておくことはあるでしょう。
3か月が過ぎたからといって、相続放棄が全くできないと困ります。
悪徳業者はこのことを知って、わざと3か月過ぎてから相続人へ返済の請求をすることもあるようです。

相続放棄の期間についての判例

そこで救済策として、遺産の内容を3か月以内に調査できず、相続放棄をすべきか判断できないときに、家庭裁判所に延長をお願いする制度があります。

また、3か月の起算点も厳格に考えるのではなく、下のような判例があります。

「右各事実を知った時から3か月以内に限定承認または相続放棄をしなかったのが、被相続人に相続財産が全くないと信じたためであり」かつ「被相続人の生活歴、被相続人と相続人との間の交際状態その他諸般の状況からみて、当該相続人に対し相続財産の有無の調査を期待することが著しく困難な事情があって、相続人において右のように信じるについて相当な理由があると認められるとき」には「相続人が前記の各事実を知った時から熟慮期間を起算すべきであるとすることは相当ではなく、熟慮期間は相続人が相続財産の全部または一部の存在を認識したとき又は通常これを認識しうべき時から起算すべき

これに当てはまるかは、相続放棄が3か月後になった理由、生活状況、被相続人と相続人の関係などを考慮して決定されます。