相続登記をしないと、こんなデメリットがあります。

相続税の申告には10か月という期限がありますが、相続登記には期限も罰則もありません。
しかし、相続登記をしないで放置しておくと、後の世代が苦労することになります。

印鑑が必要な人数が増えていく

放置している間に更に相続人が亡くなると、その相続人が遺産分割の話し合いに参加することになります。
あまり縁のない者同士で話し合いをしなければならなくなり、合意が難しくなります。
例えば、兄弟同士ではまとまる話も、甥姪同士だとまとまらないこともあるでしょう。

このようなトラブルの原因になるので、早めの手続きが望ましいです。
仮に話し合いがまとまったとしても、手続き費用は高額になります。

亡くなった方の名義では、売却できない

これは登記のシステム上の決まりです。亡くなっている方から直接買主へ名義変更できません。
相続登記には2か月程度かかります。
いずれやらなくてはならないのであれば、余裕のある時に済ませておきましょう。

必要書類が取れなくなる

登記に必要な「住民票の除票」は、原則として亡くなってから5年で廃棄されます。

この書類が入手できなければ、別の手段を使います。
手間が増え、司法書士の費用も増加することがあります。