相続登記を早くした方が良い理由

相続税の申告には10か月という期限がありますが、相続登記には期限も罰則もありません。
しかし、名義変更をしないで放置しておくと、後の世代が苦労することがあります。

当事者が増えていく

相続人が亡くなると、その相続人の相続人も遺産分割協議に参加しなければならなくなります。
あまり縁のない者同士で話し合いをしなければならなくなり、合意するのが難しくなります。

このようなトラブルの原因になるので、早めの手続きが望ましいです。
必要な戸籍謄本も増え、費用が増加することも多いです。

そのままでは売ることができない

これは登記制度上の制限です。 亡くなっている方から直接買主へ名義変更することはできません。
相続登記には2か月程度の期間がかかります。
いずれやらなくてはならないのであれば、余裕のある時に済ませておく方が良いでしょう。

必要書類が取れなくなる

登記に必要な「住民票の除票」は、亡くなってから5年で廃棄されます。 (例外あり)
除籍にも保存期間があり、それ以降は発行されません。

これらの書類が取れなければ、別の書類を取得・作成しなければなりません。
手間が増え、司法書士の費用も増加します。